シワ取りだけじゃない!ボトックス美容の効果

シワ取りだけじゃない!ボトックス美容の効果

筋肉の働きを弱め小さくする

ボトックスは元々は脳梗塞や心筋梗塞などによって起こる筋肉の強張りやつっぱりを改善する為に医療で使用されていたものです。ボトックスを筋肉に注入することでその箇所の筋肉が弱まり徐々に小さくなっていくことで、強張りがなくなりリハビリテーションがしやすくなります。日常生活をスムーズに送るための治療方法です。また、まぶたの痙攣改善にも使用されています。

この筋肉の働きを弱める作用を利用して美容でも幅広く使用されています。1番馴染みがあるのは、額や目尻にある表情ジワの改善でしょう。個人差はありますが、注入後2~3日ほどで効果が現れはじめ、効果は3~4ヶ月持続します。2回目の施術は必ず3ヶ月以上は開けるようにします。

シワ以外のボトックス効果は?

表情筋以外にもエラにある咬筋や二の腕、脚の筋肉に注入することで小顔効果やダイエット効果が得られます。エラの場合はフェイスラインが徐々にすっきりとし、シャープな小顔へと変わっていきますし、二の腕や脚もほっそりとしてきます。ただしいずれも脂肪が多いタイプや骨格そのものが大きいタイプにはボトックスは効きませんので、それを見極めることのできる医師を選ぶことも大切です。注射自体は5分ほどで終わりますが、筋肉の量に合わせて製剤の量を見極める技術も医師には求められます。

また筋肉ではなく皮膚の浅い層にボトックスを注入することで、脇や手足などの多汗症の改善や毛穴を小さくする効果もあり、ボトックスは全身の美容に活用されているのです。

ボトックスは手術なしで注射のみで目尻やエラなどに直接注射し、シワを取ったり痩身したりできる治療です。