中高年のニキビは病気のサイン?正しい対策で綺麗な肌を維持しよう!

中高年のニキビは病気のサイン?正しい対策で綺麗な肌を維持しよう!

中高年層におけるニキビ発症の原因の詳細

ニキビは毛穴に皮脂などの汚れが詰まって炎症が生じた状態を指します。毛穴に詰まる汚れは皮脂や垢など、新陳代謝が活発なほど多く発生する物なので若年層の人がより多くのニキビを患いやすいのが特徴です。その一方で新陳代謝が低下し、皮脂や垢の分泌量が減少している中高年層の人もニキビが出来ることがあります。ニキビは毛穴が詰まること以外に内臓疾患などの病気が原因になることもあるので、肌にニキビが出来た場合は速やかに病院で検査を受けることが大切です。また、ニキビを毟り取ってしまうと深い傷が残る他、細菌が入り込んで重大な疾患に見舞われる可能性があります。ニキビ治療は皮膚病の専門病院で受けるのが最適ですが、他の病気の症状として出ているニキビの場合は体調の改善を第一に考えるのが適切な対処法です。

年齢別のニキビ予防対策について

ニキビの発生を防ぐためには毛穴に汚れが詰まるのを防ぐのが最適な方法です。肌に汚れが付着していると毛穴の詰まりが生じやすくなり、ニキビ形成のリスクが増大します。そのため、入浴や洗顔などで常に清潔な状態を保つことを心がけます。その一方で肌を刺激から守る皮脂まで洗い流してしまうと肌荒れに見舞われるので、洗浄は肌の状態を確認しながら行うのが賢明です。中高年層の人は加齢によって皮脂の分泌量が減少していることから、若い人と同じように洗浄を行うとすぐに肌を傷めてしまいます。肌の汚れを洗い流した後は保湿剤や化粧水を使ってスキンケアを施し、外気の刺激を避けるのが健やかな状態でニキビを防ぐための工夫です。

ニキビやニキビ跡にはビタミンCがいいと聞きますが、ほかの栄養素も欠かせません。たんぱく質やミネラル、ほかのビタミン類でも改善や予防ができます。レバーや大豆製品が栄養素豊富なのでお勧めです。